トーキョーダイアリー Inn オーサカ

トーキョーダイアリー Inn オーサカ

2019.9.28 Saturday - 2019.10.19 Saturday

The Blend Innでは、写真家・笠井爾示の写真展を開催いたします。
 『トーキョーダイアリー Inn オーサカ』と題した本展では、2年前に出版され話題となった「東京の恋人」(玄光社/2017)と、その連なりともいえる新作写真集『トーキョーダイアリー』(玄光社/2019)のそれぞれから厳選した作品を、ロビー,客室,廊下などホテル全体を使用して展示,販売します。
 近年目まぐるしい速度で変化を遂げている東京という大都市を、笠井が「日記を書くように撮り続けた」という本作は、同じ大都市として存在する大阪ではどのように見え、感じるのでしょうか。この貴重な機会にぜひご来場ください。

Detail

2019.9.28 Saturday – 10.19 Saturday(会期中無休)
8:00–19:00(最終入場)
会場:The Blend Inn
*展覧会初日(9 / 28)はイベント開催につき、展示のご鑑賞のみのお客様は17:00以降のご入場となります。

入場料: 大人500円 / 小人(小・中学生)200円
*ご宿泊のお客様・5才以下は無料 *会期中何度でもご入場できるパスポートを発行します

内覧会: 9月27日(金)19:00–21:00
*どなたでもご入場(有料/入場料)いただけます

Event

写真家・笠井爾示を東京よりお招きし、アーティスト・トークを行います。
この貴重な機会にみなさまぜひご来場くださいませ。

日時: 9月28日(土)15:00–16:30
会場: The Blend Inn / 1Fロビー

予約定員制: 50名(着席・先着順) 参加料: 入場料+1,000円(税込)
出演:笠井爾示(写真家)、辺口芳典(詩人)、一野篤(デザイナー)、藤木洋介(キュレーター)

*ご予約は、The Blend Inn(event@theblend.jp)まで下記の必要事項 をメールにてお送りください。
1. 件名『トーキョーダイアリー イベント応募』 / 2. 氏名(フルネーム) / 3. ご住所 / 4. お電話番号

Comments

ここThe Blend Innで、誰かの日記を覗いて見えるのは、トーキョーでのある日の一瞬。
conomi.n(The Blend Inn 広報担当)

とってもすけべで、べらぼうにカッコいい風景達です。
コーヘー(宿直担当)

「トーキョーダイアリー」をめくると、あの街に憧れていた頃を思い出す。
トーキョーは、いまでも魅力的で美しい渦だなぁ。
Naoto(マネージャー)

写真を見ていて気が付いた。The Blend Innの床のしみは、おしりに似ている。
神(フロントスタッフ)

見たいドキドキと 見てはいけないドキドキ 日常と非日常の昼と夜 その瞬間の憂い
おちのりこ(清掃担当)

自分のモノにしたい訳ではないけれど、取られたくはない。
女性のズルさと男のワガママさを感じました。
辻竜馬(フロントスタッフ)

やっぱ写真家やばい。
梨華(フロントスタッフ)

笠井さんの写真のなかでは、ピンク色のタクシーと女性の肌が同じ艶めきを放っている。
切れば血が流れるのはどっちだっけ?
一野篤(デザイナー)

たばこのやつがよかった。
一絵(4才)

“与えあうことで もっと空っぽになれる” 笠井さんの写真に会ってそんなことを思った。
辺口芳典(詩人)

人間は一人では生きていけないって、こういう意味でしょ?
藤木洋介(キュレーター)

PROFILE

笠井爾示(かさい・ちかし)/写真家
1970年東京生まれ。1980年に渡独。シュタイナー学校を卒業後、1988年に帰国。
 1994年に写真雑誌「デジャ=ヴュ」(No.18)に作品を発表。1995年に多摩美術大学美術学部卒業。1996年,初個展「Tokyo Dance」(タカ・イシイ・ギャラリー)を開催。翌年,同名の写真集「Tokyo Dance」(新潮社/1997)を出版。以降,音楽、ファッション,カルチャー雑誌など,エディトリアルの分野で活躍し、CDジャケットやグラビア写真集も数多く手がける。
 主な写真集に「Danse Double」(フォトプラネット/1997)、「波珠」(青幻社/2001)、「KARTE」(Noyuk/2010)、「東京の恋人」(玄光社/2017)、「となりの川上さん」(玄光社/2017)、「七菜乃と湖」(リブロアルテ/2019)がある。

The Blend Inn